ドラッグ アンド ドロップ


[起動中のドラッグ アンド ドロップ]

 TRYCUTの起動中は、関連ファイル(TTL,CTL,MTL,CTC,DME,DMF,STL,NCファイルなど)、もしくはそれらのショートカット(lnk)の ドラッグ アンド ドロップを受けつけます。
マウスの左ボタンで対象ファイルを押したまま TRYCUTの画面内まで移動し、マウスの左ボタンを離すことにより 各種ファイルの切り替えが可能です。またそれぞれのファイルを同時にドロッ プすることも可能です。ドロップによりTRYCUTの作業フォルダが変わることはありません。

 <対応ファイル>
・ワーク:被切削材定義ファイル(拡張子DME or DMF)STL(拡張子STL)
・工具設定ファイル(拡張子TTL)
・コントローラー定義ファイル(拡張子CTL)
・機械定義ファイル(拡張子MTL)
・設定変更ファイル(拡張子CTC)
・経路データ:NCデータファイル(拡張子NC)
注:拡張子の付いてないファイルは、NCデータファイルとみなします。もし中身が NCデータファイルでない場合は、誤動作を起こします。


[起動時のドラッグ アンド ドロップ]

 Windowsでは、アプリケーション側の対応により、関連するファイルをそのアプリケーションの ショートカットにドロップしたり、右クリックで、あらかじめ登録しておいた「送る(N)を 利用して起動させることが出来ます。大変便利な操作で一度慣れてしまえば利用するのが普通になります。その反面、それぞれに 起動されたアプリケーションの作業フォルダがどこであるかを理解しておかないとトラブルの元になる場合もあります。

 TRYCUTも、関連ファイル(INI,TTL,CTL,MTL,DME,DMF,STL,NC)、もしくはそれらのショートカット(lnk)に対して、 ドロップ操作を可能にしています。 ただし、起動時に最低限、INI,TTL,CTL,MTLファイルの参照が必要になるため。どれかひとつをドロップ指定 した場合でも、他のファイルもそれぞれの検索順に従って自動参照されます。これらのことからWindowsの作業フォルダの仕様(以下表参照)は十分 把握して利用する必要があります。

 以下に、実行形式ファイル(EXE)の起動方法別作業フォルダ(Windowsの仕様)をまとめています。

[起動方法別作業フォルダ(Windowsの種類によって異なる)]
起動方法 Vista XP,2000
Server2003
EXEファイルのショートカットへのドロップ ショートカットの
プロパティーで指定
ショートカットの
プロパティーで指定
EXEファイルに直接ドロップ ドロップファイルの
フォルダ(少し注意)
不定
(推奨できない)
※それぞれ「送る(N)」を利用しても同じ結果となります。例えば、WindowsXPにおいてショートカットを 送る(sendto)に登録して、「送る(N)」から起動した場合は、ショートカットのプロパティーで指定され たフォルダが作業フォルダになります。

 念のため、ドロップや「送る(N)」を伴わない一般的な起動方法別作業フォルダを以下に まとめました。通常は、EXEファイルのフォルダになっていることが多く想定外のトラブルに遭遇する ことは少ないです。TRYCUTにおいても同様です。

[起動方法別作業フォルダ(全Windows共通)]
起動方法作業フォルダ備考
EXEファイルをクリックEXEファイルのフォルダ-
ファイル名を指定して実行EXEファイルのフォルダ-
ショートカットのクリックショートカットのプロパティーで指定作成時の初期状態は通常
EXEファイルのフォルダ
コマンドラインから起動起動時フォルダインストールフォルダで起動する場合
EXEファイルのフォルダ
関連付けで起動クリックファイルのフォルダ(要注意)インストールフォルダの関連ファイルで起動する場合
EXEファイルのフォルダ


目次へ