起動プログラムの開発技法


 TRYCUT2000/3000では、起動オプション( ヘルプでの説明)を公開しております。この起動オプションを利用すれば、 他システムからTRYCUT2000/3000の直接起動を簡単に行うことができます。 本コーナーでは、この方法をWindowsAPIの利用方法を通してご説明 いたします。WindowsAPIにアクセスできる言語処理系(C++など) であれば全てに共通して流用ができます。
 この方法を説明する前に、TRYCUT2000/3000の自己起動機能(「X」キー で実行)の実現方法を紹介いたします。実際の起動方法は、WindowsAPIのShellExecute関数を利用し、  以下のように参照しています。

ShellExecute(
hwnd ,  <−親ウインドウのハンドル
NULL , <−実行操作の指定 この場合NULLでOK
"C:\\TRYCUT2000\\TRYCUT.EXE" , <−実行プログラム名:この場合TRYCUT2000
"/x2 /c MAKONO PCMOJI.NC" , <−オプション:TRYCUT.INIで定義された文字列
"C:\\TRYCUT2000" , <−作業ディレクトリ名:実行プログラムの存在するディレクトリ
SW_SHOW); <−起動後の表示モード 通常SW_SHOWでOK

 実際のプログラミングは、3〜5番目までの引数(下線部)を文字列変数にして います。3番目と5番目は、WindowsAPIのGetCommandLine関数を利用して自分 自身の起動形式の文字列から抜き出して設定しています。また、4番目の 引数に関しては、初期設定ファイル(TRYCUT.INI)の中の指定された文字列をその まま設定しています。

 他システムから起動する場合も、TRYCUT2000/3000(TRYCUT.EXE)の格納場所と、 作業ディレクトリは、あらかじめ認識させる仕組みは必要ですが、基本的にはまった く同じ方式で起動させることができます。特にオプション指定のところを状況によって 変更すれば、ほぼTRYCUT2000/3000がシステムに組み込まれることになります。

 なお、CAD/CAMベンダー様などで、TRYCUT2000/3000を起動する仕組みを 提供される場合などは、ご一報下さい。関連ソフトを紹介する コーナーなどでPRさせていただきます。  今後も色々な開発テクニックを紹介してゆきたいと思いますが、なにかご質問など ございましたらsupport@trycut.com までご連絡お願いします。バンドルのご相談も受けたまわります。

トップページへ