切削モニタリングデータのグラフ解析ツール

(TrMonitor/フリーソフト)


 TrMonitor は、TRYCUT2000の最適化機能で作成 される切削モニタリングデータを 視覚化するために開発されたアプリケーションです。
 本ツールを使うことを目的にするならば、最適化機能をモニタリングデータ 作成のためだけに利用していただくということになりますが、もちろんそれでも 全然問題はないわけで、特に工具の破損が発生した場合などに、どのようなケース で、どのような負荷がかかって折れたかなどの分析にも使えますので、最終的にNC データを最適化するしないに関わらず大変役立ちます。


<機能>
 横軸に「切削移動距離」や「ブロック番号」にとり、縦軸に「単位移動あたりの 切削除去量」、元データの切削速度を用いた「単位時間(秒)換算の切削除去量」、 最適化切削速度を用いた「単位時間(秒)換算の切削除去量」を表示します。

 本ツールは、これらの負荷状況を分析したり、現場でのF値設定やオーバーライド 設定、TRYCUT2000における工具負荷限界値の設定や、 速度最適化パラメーター設定時の検討に 利用することを目的にしたものです。

 テキスト版モニタリングファイル名:"CUTDATA.TXT"
 バイナリ版モニタリングファイル名:"CUTDATA.BIN"


<インストール/バージョンアップ方法>

 2003/5/23版 Ver1.20
モニタリングデータのTrMonitorアイコンへのドロップや、起動中のウィンドウ内への ドロップが対応されました。
 2003/6/30版 Ver1.30
過去のバージョンとは別フォルダにインストールした場合の併用も可能にしました。 通常ケースでは問題はありませんでした。
 2007/7/29版 Ver1.31
横軸をシーケンスNoの状態にして終了後、再起動しても横軸の設定が異なっていた不具合を 修正しました。(7/1版Ver1.30と中身は同じです。)
 2009/10/06版 Ver1.33
ドロップ処理の不具合対応。セットアップモジュール化によるWindows Vista&7への対応

 セットアッププログラム:TRMON133.exe(2009/10/06版)

 本プログラムのメニューは、初期状態で英語になりますが、日本語にしておきたい 場合は、セットアップ後TrMonitor.iniもインストールフォルダに保存して下さい。

 本プログラムはVBランタイムが必要です。Windows7などOSに同梱されている場合や、他のアプリケーションのインストール時に既に 入っている場合があります。VBランタイムを別途インストールすることも可能です。
 最新版は以下のサイトで「Visual Basic」「ランタイム」などをキーワードにして、インストーラを探して見て下さい。

  • ベクター : http://www.vector.co.jp/
  • 窓の杜 : http://www.forest.impress.co.jp/
  • Download ASCII : http://download.ascii.jp/

    ※他の色々なアプリケーションをお使いの場合は、既にこれらのランタイムファイルが インストールされている場合が多いものと思われますので、TrMonitor.exeとTrOptView.ocxを保存した段階で一度起動してみて下さい。余計な手間が省けます。

    <簡易ヘルプ(旧Ver)>
    Readme.txt(英語取説) or Readme.txt(日本語取説)


    トップページへ