TRYCUT3000不具合項目と対応状況

バックナンバー(〜2014.03)
最新状況(2014.04〜)

 このページでは、TRYCUT3000の不具合の発生項目 と、対策状況を掲載いたします。この他に思い当たるものなどありましたら、 support@trycut.comまでご連絡願い ます。ここで、対策済みになっているものは、次期バージョン(不具合対応版、β版 含む)に反映されます。 なお改善項目の対応についてはこちらです。


  • 起動オプションで「差分塗り」処理(/xd....)すると結果がおかしい(Ver2.52/2.53のみ)
  • 高速版シミュレーション(F7キーなど)で"interference.txt"に出力されないッブロックあり
  • LENGTH文使用/ARBOR定義なし工具での最適化時、ワークの外枠付近の回避高さが低い
  • ネット・ライセンスの認証処理で一部問題あり(認証サーバー側で対処)
  • ネットライセンス期限切れ後、新規ライセンスキーが入力できない
  • TTL内「明示的な工具名称」指定で""が無い場合に工具形状までおかしくなる
  • G68による傾斜面指令中の径補正キャンセル動作(G40)が無視される
  • G68による傾斜面指令中の円弧(G02/G03)動作の軌跡にうねりが入る
  • 最適化後のNCデータ座標値の小数点以下のケタ数が不十分
  • ネットライセンスで同時使用台数が複数台の時に認証異常になるケースあり
  • G68による傾斜面指令中の穴加工用サイクル動作(例:G81)が無視される
  • "interference2.txt"が存在すると加工して結果表示時に不用意に書き込み開かれる場合有
  • G28など原点復帰直後に相対指令(G91)による動作で誤動作
  • 高速版(F7)の加工で一部削り残りが出来る場合あり
  • ARBOR定義を省略した場合、稀に最適化後たて壁附近でG00干渉

    以上、Version2.54(2017/04/06版)にて対応


  • 帳票出力後ワーク座標系設定などが変わってしまう
  • G41/42直後に存在する移動の無いブロックでは一時停止できない(例えばM01でも無視される)(対処済)
  • 径オフセット中、2個連続して移動のないブロックが継続すると、2個目以降のブロックで一時停止できない(例えばM01が2行継続する場合)(対処済/テスト中)
  • 光源モードから回転モードに切り替えるタイミングでおかしくなる(検証中)
  • 初期設定ファイルの"EXEC_PROGRAM"で"wordpad"が無視される → (Windows Updateの影響 フルパス指定で対応可)
  • ワークのZ下限以下でもワークの存在を検知して早送り干渉してしまう
  • ワーク座標系定義時、強制終了や異常終了で工具位置がおかしくなる
    トップページへ