TRYCUT3000改善候補項目と対応状況

バックナンバー(〜2014.03)
最新状況(2014.4〜)

 こちらのページでは、ご要望の多いものや、改善候補を整理し 掲載しています。この他に思い当たるもの などありましたら、support@trycut.comまでお願いします。こちらで開発済み又は対処済みになって いるものは、次期バージョン(不具合対応版、β版含む)に反映されます。 なお不具合の対応についてはこちらです。


  • 干渉ログ(interference.txt/interference2.txt)の仕様の調整と明確化→ヘルプ
  • CTLファイル内の置換(REPLACE)定義で ' (シングルクォーテーション)による囲みも可能に(※置換文字列内に"が含まれる場合の対応)
  • 主軸回転チェック(SPINDLE CHECK)の設定を初期設定ファイルで可能に
  • 操作マクロ言語の実現性検証/プロトタイプ作成(希望者に仕様公開中)
  • 差分表示ダイアログの初期値を設定可能
  • 変色域の指定ダイアログの初期値を設定可能
  • /x5,/x5f,/x6起動オプションで"limitp.txt"や"interference.txt"を開かない設定(/x5n,/x5fn,/x6n)追加
  • TRYCUT5000ライセンス併存環境での使用ライセンスの仕様明確化
  • 使用中のライセンスキーを確認可能に
        「ライセンス状況と登録(L)」最上部のライセンスの種類表示部をクリック
  • 最適化後の出力NCのX値を2倍で出力(旋盤向け)
  • 実行モジュールのみ英語(多言語)対応 → 要メッセージファイル(ご希望の場合 support@trycut.com までご連絡下さい。)
  • 日本語以外のロケーション設定されている環境でも動作可能に
  • 左パネルのワーク座標の有効桁不足を改善(単精度実数→倍精度実数)
  • 存在しないNCデータを起動形式で与えた場合の起動時のループ防止
  • Windows10上での動作確認
  • 「ウィンドウ境界の間隔」変更直後のレイアウト調整
  • Windows8.1/10のOS判定とWindows10上でのウィンドウ枠幅調整
  • REPLACE文の誤記による起動不能を回避(誤記のあるREPLACE文は無効に)
  • 加工中断時の"突出し長.txt"に警告メッセージを出力
  • G51の各軸スケール値指定(IJK)の対応
  • 外部ワーク原点オフセット量(EXOFS)をCTLファイル内で設定可能に
  • 次期Windows 10 環境の内部認識を追加
  • LENGTH2/3使用時の必要突出し長算出値で旧Versionモードを選択可能に
           → 仕様公開
  • 外部ファイルのサブ・プロ呼び出し(M198)対応
  • STOPの連続押し不能に(画面のちらつき防止)
  • 秀丸,Maruo,K2Editor,Terapad設定時は、treditor.dllを無視

    以上、Version2.54(2017/04/06版)にて対応


  • ネットライセンスにて起動時、認証の待ち時間が一定秒数超える場合に状況表示(仕様検討中)
  • ネットライセンス認証中の2重起動防止(対処中)
  • OSPモード時の"CALL O..."によるサブプロ呼び出し(対処済)
  • 認証サーバー(台数オーバー)トラフィックの軽減化(弊社内改善/検証中)
  • ライセンス認証処理(起動)で異常に時間がかかる(主に昼間)(4/12認証サーバー側で対処済)
  • 英語化サクラエディタ(英語化DLL切替方法)との連動(従来DLLでOK)(確認済)
  • テキストエディタWZ EDITOR 9との連動(7/8用DLLでOK)(確認済)
  • テキストエディタMIFES10との連動(旧Ver9.0用DLLでOK)(確認済)
  • ARBORで干渉チェックする場合でもテーパー部で加工するモード追加(検討中)
  • 帳票出力で外部ワーク原点(EXOFS)からみた座標出力を可能に(対処済)
  • CTLファイルのREPLACE文の置換後の定義で改行(\n)対応(検討中)
  • アタッチメント形状に円柱形状を追加(検討中)
  • TTLファイルのフォーマットチェック機能
  • LENGTH2/3使用時の突出し長出力の高速化モード(検討中)
  • LIMIT/LIMITS文指定時の「無効/中断/一時停止」切り替えモード追加(検討中)
  • 認証サーバーのIPv6対応(調査/検討中)
  • FANUC渦巻補間・円錐補間(G02/G03L...Q...)の対応(対処中)
  • 径補正中に経路の進行のズレの無いモード追加(対処中)
  • S値/F値を左パネルで確認可能に
  • 径補正時の補正値より小さな段差部分の処理モード追加
  • Direct2D I/F利用(Windows7以降)による描画の高速化(要調査)
  • iPadなど他の情報機器端末との連携/稼動などの検証(環境準備など要検討)
  • 一部機能のWindows8/10 Modern UIスタイル利用の有効性調査(検証中)
  • 工具ごとに帳票出力を可能に
  • DMFのままでもZ軸廻りの振りを可能に
  • 機能全般的なマルチコアCPU向けの高速化(調査継続中)
  • 2段テーパー工具の定義を可能に
  • 起動時の各種設定ファイルが見つからない場合のエラー回避処理
  • DMEの読み込み
  • ノードライセンスでマシン変更時の解除処理をインターネット経由以外でも可能に
  • 「加工して結果表示」と同時にモニタリングデータが欲しい
  • 高速モードの時のヘルカル円弧の高速化
  • モニタリングデータ高負荷部のワーク精度によるバラツキ問題(問題整理中)
  • DMFやSTLの複数重ね合わせ表示、半透明表示、テクスチャーマッピング表示(別ツールにて提供を検討中)
  • 3Dマウスの対応
    トップページへ