TRYCUT5000不具合項目と対応状況

バックナンバー(〜2014.03)
最新状況(2014.4〜)

 このページでは、TRYCUT5000の不具合の発生項目 と、対策状況を掲載いたします。この他に思い当たるものなどありましたら、 support@trycut.comまでご連絡願い ます。ここで、対策済みになっているものは、次期バージョン(不具合対応版、β版 含む)に反映されます。 なお改善項目の対応についてはこちらです。


  • 工具ダイアログの手動による工具交換でヘッドが追従しない
  • ARBOR定義を無視する設定で加工結果がおかしい
  • ワークを回転すると機械の描画でズレが生じる(Ver2.0.4の副作用)
  • ワークを移動/回転するとパネル数値と合わない
  • ワークを移動/回転など行うとワークが削れなくなるケースあり
  • G28など原点復帰直後に相対指令(G91)による回転角動作があると誤動作
  • サイクル動作(G81〜89,73,74,76)の上昇部分の擦れが干渉と見なされる場合あり
  • 「[Ctrl」+「C」による画像コピーを連続して行うと偶数回目が無効になる
  • Intel ChipsetのGPUでCtrl+Pや動画が真っ黒になる場合あり
  • 「Ctrl」キーなど"STOP"処理が効かない(Ver2.00の副作用)
  • テーブル回転型で、工具先端基準(初期状態/長補正0)の場合、先端点制御がおかしい(Ver2.00の副作用)
  • "interference2.txt"が存在すると不用意に書き込み開かれる場合有
    以上、Version2.07(2015/01/17版)にて対応

  • ネット・ライセンスの認証処理で一部問題あり(認証サーバー側で対処)
  • REPLACE文の誤記による起動不能を回避(誤記のあるREPLACE文は無効に)
  • TTL内「明示的な工具名称」指定で""が無い場合に工具形状までおかしくなる
  • LENGTH2/LENGTH3指定時のテーパー部干渉チェックに不備あり
  • 工具保持具(ARBOR)のみ干渉する場合に認識できない場合あり
  • 工具保持具(ARBOR)の2段目以降の干渉が無視される場合あり
  • 工具長補正の方向が初期化されないため2回目以降の経路がおかしくなる
  • 加工処理中のESCキーが1回で効かない
  • グラフィックカードの種類によっては拡大時に手前の画像が顕著に消える
  • 「Ctrl」+「1」などの方向切換すると「Ctrl」キーが有効のままに
  • G43.5(IJK指定)で(0,0,1)のベクトルを指定した時にフリーズする場合あり
  • G43.5(IJK指定)の回転軸角度の解の選択ロジックで、本来同じ量であるはずの回転移動の判定を誤る場合あり
  • CTLファイルの"ANGLE DECISION"の"FANUC-2"設定が無効になっていた
  • 精度(ピッチ)0.005mm未満のワークが加工されない
  • ワークを移動/回転しても差分塗の結果が変わらない
  • ワークのサイズ変更操作(例:2点指示定義(D))によりパス表示がズレる
  • G68による傾斜面指令中の径補正キャンセル動作(G40)が無視される
  • G68による傾斜面指令中の円弧(G02/G03)動作の軌跡にうねりが入る
  • G43.5(IJK指定)で180度回転するようなケースでエラーになる場合あり
  • G43.5単独指令で次ブロックの動作がおかしい
  • TOOL BASE POINT=BALL-CENTER指令時のG28指令後の動作がおかしい
  • G68.2〜G53.1間で移動の無いブロックで誤動作
  • G68による傾斜面指令中の穴加工用サイクル動作(例:G81)が無視される
  • TTLファイル切り替え直後に工具位置がズレる
  • 軸回転方向をREVERSE設定した場合にG43.5/G68.2の動作がNG

    以上、Version2.09(2016/05/01版)にて対応


  • HEIDENHAIN指定時、計測位置座標のワーク座標座標への切替が効かない
  • G92直後の早送りパス表示が破線ではなく実線(切削送り)で表示される
  • TTLのMAGAZINE文1桁番号でブランク無の場合、正常に読み取り出来ない
  • 径補正後G02/G03の微小円弧になる場合、加工見積時間が異常に長い
  • 5軸目の回転軸成分のある早送り動作があると加工長さがおかしい
  • 混合型でTABLE POSITIONの回転軸方向に値が設定されると誤動作
  • G53G49の順で指令されるとG53が無効に
  • 先端点制御解除(G49)直後のG53指令で誤動作
  • 先端点制御解除(G49)直後の相対値(G91)移動指令で誤動作
  • CYCLE DEF直後のPLANE SPATIALが処理できない(HEIDENHAIN時)
  • 径補正後G02/G03の微小円弧になる場合、加工見積時間が異常に長い
  • RADIUS工具指定時の内径高さが加工結果に反映されない
  • DMFファイル読み込みでハングしたり正常に取り込めない場合あり
  • HEIDENHAINのTapping動作(206,207,209)で指定高さまで下降しない
  • STL読み込みで、進行状況表示の不備で異常に遅くなる場合あり
  • HEIDENHAIN指令時Y-CODE/Z-CODE指定の結果がおかしい場合あり
  • MAZAK指定時、T00で工具選択してしまう
  • 円筒補間や側面創生加工でG02/03円弧が反転してしまうケースあり
  • LATHE(旋盤)モードのG68.1回転モードで直径指令のX値を半径指令と見なしてしまう
  • 傾斜面でサイクル加工(G83)を行うと、実加工時のみ干渉が検出されてしまう場合あり
  • interference.txtの出力でSPINDLEの前に"+"が無い場合あり
  • interference2.txtの出力でVICE/TABLE/TABLE1/TABLE2が出力されない
  • 45度傾斜のファセットを持つSTL形状を読み込むと稀に隙間が出来る
  • 「各種干渉チェックの設定」ダイアログで一時停止設定を解除すると、TOOL-VICE,TOOL-TABLE,TOOL-TABLE1,TOOL-TABLE2の一時停止設定まで解除されてしまう
  • 帳票出力機能の$LINESの値が0になる
  • ワイヤーカットへの適用で削除機能が無効になる場合あり(加工処理側のバグ)
  • 「Delete」による削除機能で削除対象部分が一部抜ける
  • ワイヤーカットA指定テーパーの加工時、工具の移動ピッチ計算が粗い
  • HEIDENHAINの円弧補間(Cコード)で円の動作が行われない
  • 傾斜面加工モード中のG53相当ブロックの後の移動なしブロックで誤動作

    以上、Version2.16(2017/09/17版)にて対応


  • 回転軸が混合型(MIX)の場合、工具とTABLE/TABLE1の干渉位置がおかしい
  • 工具とVICE/TABLE類の干渉チェックで"STOP"指定すると誤動作
  • 傾斜面加工中の回転軸指令で経路がおかしくなる
  • 傾斜面加工で270/-270度の角度指定がある場合に加工面が剥がれる
  • PLANE SPATIAL指定中の機械座標指令(M91)で誤動作
  • PLANE SPATIAL直後の回転指令で誤動作
  • HEINDENHAIN時の円弧補間でCXやCCXのようなブランクなしブロックが読めない

    以上、Version2.17(2017/09/30版) モジュールのみ更新にて対応

  • 先端点制御開始前にテーブル回転している場合の動作がおかしい(多数個取りができない)(対処済)
  • ESC操作でマクロ停止がステータスバーに表示される(対処済)
  • interference.txtでRAPID(G00)/ARBOR/OVER LENGTH以外の過去の干渉情報が出力される(対処済)
  • 回転ヘッド型で工具軸とズレ(HEAD OFFSETなど)がある場合に表示や挙動がおかしい(対処済)
  • 工具(FLAT/BULL)とVICE/TABLE類の干渉が離れていても認識してしまう(対処済)
  • G41/42直後に存在する移動の無いブロックでは一時停止できない(例えばM01でも無視される)(対処済)
  • 径オフセット中、2個連続して移動のないブロックが継続すると、2個目以降のブロックで一時停止できない(例えばM01が2行継続する場合)(対処済/テスト中)
  • 初期設定ファイルの"EXEC_PROGRAM"で"wordpad"が無視される → (Windows Updateの影響 フルパス指定で対応可)
  • 有効刃長より突出し長(LENGTH)が短い場合に工具描画がおかしい(対処済/確認中)
  • 回転軸のみ移動するブロックの表示が次ブロックで行なわれる(調査中)
  • 実加工中にエラーで落ちる場合がある(再現性の調査中)
  • 起動直後などパス表示で現在位置から経路が始まらないケースあり(再現性の調査中)
  • x64版で大きなサイズのワークをついつい定義すると落ちる場合有り(検証中)
  • 帳票出力の値がおかしいものがある(検証中)
  • XYZ値カット後に一部剥がれ現象が見られる場合あり(検証中)
  • オフセット処理後に一部剥がれ現象が見られる場合あり(検証中)
  • 回転テーブル型の機械の場合、Z軸方向のストロークチェックが工具端面になっていない
  • 制御点座標が入力できない時がある(調査中)
  • ある環境でのみHTTP1.1を有効にしていないとプロキシ認証が行なわれない(調査中)
  • Vistaで秀丸連動用のマクロ(TRYCUTJUMP.MAC)を登録しても起動しない
  • 単純な形状で描画の剥がれが発生する場合あり
    トップページへ