TRYCUT5000改善候補項目と対応状況


 こちらのページでは、ご要望の多いものや、改善候補を整理し 掲載しています。この他に思い当たるものなどありましたら、support@trycut.comまで お願いします。こちらで開発済み又は対処済みになって いるものは、次期バージョン(不具合対応版、β版含む)に反映されます。 なお不具合の対応についてはこちらです。


  • 「スキップ加工」や「加工して結果表示」用の回転動作のみ実加工モードの設定(割り出し加工用に有用)
  • 被切削材(ワーク)自体の移動機能
  • 被切削材(ワーク)自体の回転機能(テーブルによる回転ではない)
  • 遠近感有り無しの切り替え("@"キー)
  • シミュレーション中の強制描画("P"キー) → 特に「加工して結果表示」で有効
  • ワークや工具/機械の半透明表示(「表示制御(P)」→「表示ON/OFF/半透明制御(P)」)
  • 処理中の「最小化」と「元に戻す」操作の切り替えに対応(今までは予測不能な処理を行なっていた)  → 最小化中は「加工して結果表示」機能と同等処理。NCデータ非表示により更に高速化?
  • ドライラン(ワークを設置しない状態でのシミュレーション)の対応
  • STLのインポートで、バイスを指定可能(MTL内で"VICE MODEL")
  • 色の設定ダイアログで、バイス部と機械全体の色指定を可能に
  • マウス操作の回転で真横(0,90,180,270度)の位置あわせを必ず指定できるように
  • STL出力で重複を部分を無くす
    以上、トライアル版リリース中に対応済

  • /x6オプション(最小化)実行時の起動を瞬時に(OpenGL初期化の省略)
  • 回転の影響を受けないヘッドやテーブル部分のSTLインポートを別に用意
  • 計測時の2点間距離や各種R計算
  • 回転軸成分の近回りモードの対応
  • 傾斜面加工指令(G68.2〜G53.1〜G69)への対応
  • バイス形状(STL)をメニューからも指定可能に
  • 各軸のストロークチェック、角度の範囲チェック
  • ZOOM機能(Zキー)の対応
  • 拡大(Wキー),移動(Mキー),ZOOM(Zキー)時に回転中心の切り替え
  • 計測機能の拡張(各軸を固定値にした計測)
  • Tスローカッターの対応
  • 逆コーナーRカッターの対応
  • 左下座標軸の各座標方向にXYZを付加
  • 工具,機械,ワーク形状の表示ON/OFF/半透明表示モードを初期設定ファイルで指定可能に
  • 「NCデータ(N)」の「選択(S)」では、最適な被切削材の定義確認をなくす
  • 機械形状の表示ON/OFF/半透明表示の切り替え(Qキー)を瞬時に
  • 被切削材(ワーク)に消費するメモリ確保を約50%削減
  • TRYCUT5000起動形式(コマンドラインオプション)/x /v /d /t /m /o /p /sの対応
    以上、Version1.00にて対応

  • OSやTRYCUT5000異常終了時のネットライセンスのロック自動解放(約30分後)
  • 計測や検索機能、"M"キーなどによる回転中心変更処理の安定化/高速化
  • "@"キーの遠近感の切り替えで、描画サイズが変わらないように
  • 拡大時に計測点が大きくなりすぎないように
  • 被切削材読み込み直後や"F"キー,"R"キーなどでワークを中心に描画する
  • 両ボタンで移動後に拡大や回転の中心を合わせる
  • 被切削材(ワーク)の「削除/無効化/有効化」機能の追加
  • 実加工とスキップ加工モードを20%〜50%ほど高速化
    以上、Version1.12にて対応
  • 被切削材のSTL読み込みで負角の形状も反映(標準モード)
  • 被切削材のSTL読み込み処理ロジックを選択可能に ※同時に初期設定ファイルの[DMEdata]セクションにて"STL AXIS"を追加
  • STL読み込み処理選択を省略できるように初期設定ファイルの[DMEdata]セクションにて"STL SELECT"を追加
  • テーブル側又はヘッド側でXYZ軸の従属関係がある場合(通常 存在する)向けに、MTLファイル内で各軸稼動部HEAD(X),HEAD(Y),HEAD(Z),TABLE(X),TABLE(Y),TABLE(Z)のSTLを指定可能に
  • 被切削材のSTL読み込み中のプログレスバー表示
  • ウィンドウサイズを変更した時スケールの状態を維持
  • ベクトル値のおかしいSTLでも読み込み可能に
  • WZ EDITOR 5.0との連動を可能に 連動用DLLを公開
  • SDK(treditor)の追加関数2つ(バイト位置指定のTREDITORDOWN2/TREDITORJUMP2)に対応
    以上、Version1.20にて対応

  • 制御点位置の指定を機械座標系でも指定可能に
  • 工具基準位置の設定(初期設定ファイル[Define]セクションのTOOL BASE POINT) → TTLのSHIFT文指定に替わるもの
  • リファレンス点の定義をCTLファイル内(MEMORY REF-PT)で行うと同時にG28/G30に対応
  • G49直後の動作で同位置を保持するモード設定(CTLのG49MODE)
  • 左パネルの各種座標系表示の切り替えを可能に(全面的に刷新)
  • 選択されているワーク座標系をステータスバーに表示
  • ワーク座標系設定ダイアログにて計測点座標値を指定(コピー)可能に
  • 起動時と"R"キー操作時のビューアングルANGLE-AとANGLE-Bを初期設定ファイルの[Define]セクションにて指定可能に
  • 工具先端点制御モードの設定の説明を改善
        → CTL内のTOOL CENTER CONTROLの説明
  • テーブル回転軸のタイプに、旋削加工用の設定を追加 ← 複合加工機ヘの対応準備(仕様非公開/個別対応)
    以上、Version1.31にて対応

  • 被切削材の最適ピッチ自動設定時に下限ピッチを指定可能に
  • ZOOM操作同様、ホイール操作の拡大で、手前の描画が欠けないように(若干調整/当面様子見)
  • Windows Vista SP1上での動作確認
  • ワークの「XYZ値カット」機能
  • 被切削材(ワーク)のオフセット機能
  • 球形工具の対応(T-THROW文で吸収)
  • マルチコアCPU(環境)での加工処理部の高速化(デュアルコアで約20%、クアッドコアで約40%高速化)
    ※描画処理を除きますので、「加工して結果表示」(F5キー)もしくは/x6オプション時などで高速性が把握できます。
    以上、Version1.41にて対応

  • 横型機対応/XYZ軸の方向設定をMTLファイル内のAXIS DIRECTIONで指定可能に
  • 工具長補正タイプの切り替えをCTLファイル内で指定可能に
  • 【暫定仕様】動画の保存するタイミング設定の改善
  • 被切削材読み込みダイアログの初期拡張子をDME,DMF,STLに
  • 先端点制御(G43.5)/傾斜面加工の角度決定の優先順をCTLのANGLE DECISIONにて設定可能に
  • 「スキップ加工」「加工して結果表示」時の「早送り部実加工モード」追加
  • パス表示処理中、待ちカーソルに
  • 実加工時の表示スキップ数を実行中LEFT/RIGHTキーにて可変に
  • NCデータ内の文字列を置換する設定をCTL内のREPLACE文で定義可能に
  • 拡大縮小ホイールの逆回転設定を初期設定ファイル[Mouse]セクションにて可能に
  • 起動オプション/d [X or Y or Z](基点X , 基点Y , 基点Z , 長さ , 外径 , 内径)で円柱定義を可能に
  • 工具有効刃部分の色をペン番号色にするモード追加
  • 被切削材定義ダイアログでも精度(ピッチ)を指定可能に
  • 内側円弧速度変更(帳票出力の結果に関係)を行なわないモード追加
      (※CTLファイル内にて、"CONCAVE-ARC FEED=KEEP"を挿入)
  • シミュレーション中の動画(AVIファイル)作成機能(暫定仕様公開中) 「実行(R)」→「動画保存設定(V)」
  • "Ctrl"+"C"キーによる画像のクリップボードへの出力
  • "Ctrl"+"P"キーによる画像("tmp.png")出力機能
    以上、Version1.52にて対応

  • シミュレーション中のパスの表示OFF/ONの切り替え(F6,F7)を可能に
      (シミュレーション前に一度パス表示した場合にのみ可)
  • 「早送り干渉チェック」に「する/干渉時一時停止)」を追加
  • パスの構成点を適正サイズで表示
  • 平面指定(G17,G18,G19)の初期設定をCTL(F3キー)内の"INITIAL PLANE"にて可能に
  • MTLファイル"ATC TYPE"にて旋盤系Tコード4ケタの読み方に対応
  • CTL内のREPLACE文定義可能数を現状の10個から30個に増加
    以上、Version1.60にて対応

  • 他システムのCLデータを読める仕組みの対応(TRYCUT5000版trreadで対処/仕様は個別開示)
  • オフセット処理で水平方向とZ方向のオフセットモードを追加
  • オフセット処理でマイナス・オフセットを可能に
  • 認証処理の安定性向上
  • セキュリティソフトによる誤検出を回避
  • /x5オプションのESCAPE終了時に0以外の終了ステータスを返す   (※GetExitCodeProcess関数やコマンドラインの"ERRORLEVEL"で取得可能に)
  • DMEの描画が完了するまで待ちカーソルをキープ
  • マルチコア環境での加工処理高速化(並列処理オーバーヘッド回避)
  • G43.5の角度決定の設定ANGLE DECISIONの詳細説明をヘルプに追記
  • ワークのメモリサイズを「ヘルプ(H)」→「バージョン/環境情報(A)」で表示
  • ペン番号設定を総入れ替えする仕組み→設定変更ファイル(CTC)にて対応
  • 工具ダイアログにてCUTTER文のゼロ指定の項目を非表示に
  • 工具ダイアログにてCUTTER文の従属値のE,Fは非表示に
  • CUTTER(β>0)とTAPERBALLにて傾斜部長さを指定可能に → ヘルプ
  • 工具ダイアログの選択工具枠クリックによる3段階の表示切替
  • 最新秀丸(Maruo)エディタVer8.00との連動テスト
  • 最新サクラエディタ1.6.5.0との連動テスト
  • 「加工して結果表示」など加工処理全般の10%〜20%の高速化
  • 回転軸定義の無いMTLファイルでも3軸シミュレーションは可能に
  • 移動の無いG01ブロックの、F0チェックは行なわないように
  • 初期設定ファイル(Target_LOGdir,Target_VERIFYdir)にて指定したフォルダが 存在しない場合、そのフォルダを自動作成
  • 径補正時のアラーム検出(停止,ログ,ペンキ塗装)機能の追加
      CTLファイル(F3キー)内のCHECK RADIUS OFFSET"参照(仕様公開)
  • 初期設定ファイル"EXEC_MACRO_NAME"で、相対パスやフルパス指定を有効に
        → Windows Vista/7環境への対応
  • ARBOR定義によるホルダー対ワークの干渉チェック(中断,一時停止,強行切削)
  • ワーク座標系を流用した傾斜面加工用のマクロの個別対応(Mazak社製マクロ個別対応/仕様未公開)
  • MTL内で指定されたMODEL(STL)ファイルが存在しない場合のメッセージ処理
  • ライセンス形態に永久ライセンスを追加
  • MTLにて混合型の回転ヘッドのZ軸(C軸)タイプを追加
    以上、Version1.80(2012/01/05版)にて対応

  • 基準形状の読み込みと差分塗り機能
  • MTLファイルの回転テーブルのタイプ設定(TABLE1 TYPE / TABLE2 TYPE)で、LATHE指定の仕様を公開(複合加工機対応への準備)
  • CTLファイルにて回転テーブルの高速回転ON/OFFコード定義(例:LATHE1 ON CODE)の仕様を公開(複合加工機対応への準備)
  • 最新サクラエディタ2.0.4.0/2.0.5.0との連動テスト
  • 次期Windows 8 Consumer Preview(Build:8250)版での動作確認 → テスト画像
  • ライセンス認証サーバーのバックアップ体制強化(多重化)
    以上、Version1.83(2012/04/17版)にて対応

  • 旋盤系の相対座標値指令のUVWHをCTLファイル(F3キー)内のINC-X CHAR,INC-Y CHAR,,,etcで指定可能に
  • Haas G254/G255(ダイナミックワークオフセット/DWO)の対応
  • ネットライセンス認証サーバー障害時、アクセスサーバーを切り替え可能に
  • ネットライセンス認証の安定性向上(サーバー側/TRYCUT5000本体側)
  • 標準モード以外でのSTLファイル読み込み時、法線ベクトル成分が(0,0,0)でも読めるように
  • SDK(trnccom,trread)にてCUTTER/TAPERBALLの上部径やT-THROW、LENGTH3定義を可能に
  • マシン変更時のダイアログで利用していたライセンスキーを表示
  • 帳票出力のリッチテキスト出力 → 別ページで紹介
  • XYZ値カットのダイアログでTABキーによるフォーカス移動を順番に
  • 回転軸をIJKフラグ指定で行うG68に対応(2行指定可) "interference2.txt"(新フォーマットにて対応)
  • 座標軸の表示/非表示制御「表示制御(P)」→「座標軸表示(O」を追加
  • Jキーで工具先端座標値の表示(Xt,Yt,Zt)も復帰
  • OSP先端点制御コードG169/G170への対応
  • 工具の底角45度定義と側角45度定義で加工結果の微妙(誤差レベル)な差を無くす
  • 最新サクラエディタ2.1.0.0との連動確認
  • Windows8.1上での動作確認
  • Windows8 製品版での動作確認
    以上、Version2.00(2014/03/20版)にて対応

  • 工具ダイアログで各工具ごとに工具長/ARBOR長の総和を表示
  • 秀丸,Maruo,K2Editor,Terapad設定時は、treditor.dllを無視
  • 外部ファイルのサブ・プロ呼び出し(M198)対応
  • 移動/回転後ワークの初期表示位置を中心位置に
  • 三井精機カスタムマクロ"P8110"の特殊対応→使用方法など詳細は support@trycut.com まで
    以上、Version2.07(2015/01/17版)にて対応

  • 使用中のライセンスキーを確認可能に
        「ライセンス状況と登録(L)」最上部のライセンスの種類表示部をクリック
  • CTL内での旋盤用タイプ設定"TYPE = LATHE"追加とX軸の直径指令に対応
  • CTL内でのワイヤーカット用タイプ設定"TYPE = WIRE-CUT"追加と傾斜角A指令の認識
  • CTLファイルで加工をON/OFFするコードの定義(CUT ON CODE/CUT OFF CODE)を可能に
  • 被切削材の不要部分(切れ端)の削除機能
  • 傾斜回転軸をもつ5軸機への対応(AXIS1 ANGLE/AXIS2 ANGLE)
       → MTLファイル内"AXIS1 ANGLE"or"AXIS2 ANGLE"で指定

         (具体例1:テーブルBC軸構成でマスターのB軸が傾斜,
         具体例2:混合型BC軸構成でヘッド側B軸45度傾斜
            DMU80,etc,,,)
  • 任意方向ベクトルの回転軸をもつ5軸機への対応
       → MTLファイル内"AXIS1 VECTOR"or"AXIS2 VECTOR"で指定
  • HEAD側でXY軸,YZ軸,ZX軸の2軸の動きに連動するモデルHEAD(XY),HEAD(YZ),HEAD(ZX),etcの取り込みを可能に
  • ワーク座標系での形状(STL)の読み込み/保存を可能に
  • ワーク座標系での形状定義(座標値指定)を可能に
  • 外部ワーク原点オフセット量(EXOFS)をCTLファイル内で設定可能に
  • 帳票出力で外部ワーク原点(EXOFS)からみた座標出力(定義文にEを付加)を可能に
  • 起動オプションにドライラン用/x20〜/x60オプションを追加
  • STL(ワーク)取り込み時にミラー(,MX,MY,MZ)やスケール(,S)を指定可能に
  • 移動の起動オプション[ /xm (x,y,z) ]追加
  • 回転の起動オプション[ /xrx , /xry , /xrz ]追加
  • 複合機(旋盤)用自動工具補正"AUTOMATIC TOOL OFFSETの設定をCTLに追加
  • 工具とテーブルやバイスとの干渉チェックを指定可能に(暫定仕様公開)
        工具先端とバイス間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-VICE CHECK
        工具先端とTABLE間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-TABLE CHECK
        工具先端とTABLE1間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-TABLE1 CHECK
        工具先端とTABLE2間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-TABLE2 CHECK
  • くし刃型工作機械のシミュレーションを可能に(暫定仕様公開)くし刃台の設定
  • G127/G126(OSP)傾斜加工モード指令の対応
  • G68.5/G69.5(MAZAK)3次元座標変換の対応
  • G07.1(FANUC)円筒補間の対応
  • G119(OSP)側面創生加工の対応とCTL内での"Z-CE COORDINATE"による外面選択と内面選択の設定追加
  • G12.1/G13.1(FANUC),G137/G136(OSP)など極座標補間の対応
  • HEIDENAIN(ハイデンハイン)のNCデータ形式への対応
       (L/C/CC/M91/M128/M129/PLANE SPATIAL/CYCL DEF etc...)
  • Siemensの先端点制御TRAORI/TRAFOOFの対応
  • Siemensの傾斜面加工制御CYCLE800の対応
  • 先端点制御(G43.5)の傾斜角指定Qの対応(テスト中)
  • 相対指令アドレスの指定にIJKも追加(例:INC-I CHAR=U)
  • シミュレーションの一時停止中でも被切削材の保存を可能に
  • 先端点制御タイプ2(G43.5)での過剰な回転動作で警告ログ出力
  • G51の各軸スケール値指定(IJK)の対応
  • Undo機能のための各所バックアップ処理の高速化(ほぼ瞬時に)
  • 「Shift」+「7」キーにて真裏を見る操作追加
  • ステータスバー(下部)にて先端点制御以外の加工モードも把握可能に
  • 制御点座標値表示時のXYZに各種加工モードの把握を()内で可能に
          先端点制御(c)
          傾斜面加工(w)
          3次元座標変換(r)
          極座標補間(p)
          円筒補間/側面創成加工(c)
  • 制御点座標値表示部の切り替え時に表記も切り替え
         制御点座標値→機械座標(指令位置)→機械座標(工具先端)

  • 「差分塗り(F)」ダイアログの指定値を小数点第4桁まで表示
  • 左パネルのワーク座標の有効桁不足を改善(単精度実数→倍精度実数)
  • 存在しないNCデータを起動形式で与えた場合の起動時のループ防止
  • 拡大表示時や高精度ワークで計測が認識しにくい傾向がある
  • 「ウィンドウ境界の間隔」変更直後のレイアウト調整
  • Windows8.1/10のOS判定とWindows10上でのウィンドウ枠幅調整
  • Windows10上での動作確認
  • 実行モジュールのみ英語(多言語)対応
    → 要メッセージファイル(ご希望の場合 support@trycut.com までご連絡下さい。)
  • 日本語以外のロケーション設定されている環境でも動作可能に

    以上、Version2.09(2016/05/01版)にて対応


  • OKUMA/OSP傾斜面座標変換指令G469P1Q313(≒FANUC G68.2)〜G468の対応
  • TABLE(X),HEAD(X),HEAD(XY)など軸指定の稼働部の色指定を可能に
  • CTLファイル内の置換(REPLACE)定義で ' (シングルクォーテーション)による囲みも可能に(※置換文字列内に"が含まれる場合の対応)
  • PRODUCT=SIEMENS時、T=工具番号やT="工具名称"の指定を可能に
  • 主軸回転チェック(SPINDLE CHECK)の設定を初期設定ファイルで可能に
  • 操作マクロ言語の実現性検証/プロトタイプ作成(希望者に仕様公開中)
  • /x5起動オプションで"interference.txt"を開かない設定(/x5n)追加
  • 被切削材の不要部削除機能の高速化(10倍〜100倍)
  • 被切削材の不要部削除機能処理中の検索比率をプログレスバー表示
  • 差分表示ダイアログの初期値を設定可能
  • ハイデンハイン言語のサイクル(穴)加工の対応

    以上、Version2.12(2017/03/25版)にて対応


  • OKUMA/OSPフィクスチャオフセット(CALL OO88)の対応(調査/検討中)
  • 認証サーバー(台数オーバー)トラフィックの軽減化(弊社内改善/検証中)
  • 必要突出し長と必要有効刃長の算出(負荷の重くないロジック検討中)
  • 差分表示用基準形状でDMEファイルも指定可能に(条件付きの対応検討中)
  • ライセンス認証処理(起動)で異常に時間がかかる(主に昼間)(4/12認証サーバー側で対処済)
  • 英語化サクラエディタ(英語化DLL切替方法)との連動(従来DLLでOK)(確認済)
  • テキストエディタWZ EDITOR 9との連動(7/8用DLLでOK)(確認済)
  • テキストエディタMIFES10との連動(旧Ver9.0用DLLでOK)(確認済)
  • CTLファイルのREPLACE文の置換後の定義で改行(\n)対応(検討中)
  • TTLファイルのフォーマットチェック機能
  • 認証サーバーのIPv6対応(調査/検討中)
  • FANUC渦巻補間・円錐補間(G02/G03L...Q...)の対応
  • オフセット処理のマルチコアを利用した高速化
  • 径補正中に経路の進行のズレの無いモード追加
  • 被切削材定義機能の各種数値を初期設定ファイルに保存
  • S値/F値を左パネルで確認可能に
  • 径補正時の補正値より小さな段差部分の処理モード追加
  • iPadなど他の情報機器端末との連携/稼動などの検証(環境準備など要検討)
  • 工具ごとに帳票出力を可能に
  • 動画作成機能(暫定仕様)の各種仕様の追加(仕様検討中)
         ・動画に上部NCデータ表示部を含める
         ・動画サイズを指定できるようにする
         ・工具交換がイメージできるようにする
  • MDI機能の実装(仕様検討中)
  • HEIDENHEIN(ハイデンハイン)社製制御装置への対応(順次対応中)
  • 工具長補正で各工具の先端までの長さを自動設定(検討中)
  • バイト工具や任意形状工具の対応(仕様検討中)
  • 各種旋盤系制御コードの対応
  • TTLのARBOR指定で各径の大小の制約を無くす(例:D2>D3を可能に)
  • 機械の形状の簡易定義(直方体、回転体の組み合わせ)
  • シミュレーション中に実行するとNGになるメニューを無効に
  • オフセット中の進行状況を一定に
  • 2段テーパー工具の定義を可能に
  • 素材側が動かない表示モード
  • シミュレーションの結果に関わる全ての状態の保存/復帰する仕組み
  • 作業中の状態(表示状態など)を終了後再起動時に完全復帰する機能
  • 起動時の各種設定ファイルが見つからない場合のエラー回避処理
  • 描画ポリゴンの間引き
  • 3次元工具径補正(G41.2/G42.2)の対応
  • ワークとホルダー、テーブルとヘッド、ヘッドとワークの干渉チェック
  • ホルダーと回転テーブルの干渉チェック
  • 干渉部分の変色表示
  • 指定行ブロックからの開始機能
  • 干渉箇所からの指定ブロック数巻き戻し
  • 計測機能の拡張(ボールやブルノーズによる計測)
  • 複数ワークの対応
  • 工具先端禁止領域の設定
  • X軸が2つ存在(U軸)するマシンへの対応
  • カスタムマクロの対応(重要なものは個別に対応しているケースがあります。詳しくは support@trycut.com まで)
  • ワークをSTLで保存時、ポリゴン数を減らせないか(技術的限界を検証中)
  • ノードライセンスでマシン変更時の解除処理をインターネット経由以外でも可能に
  • 処理アルゴリズム改善によるソフトウェア的なレスポンス向上(基本機能の開発が一段落した時点で)
  • 3Dマウスの対応


    トップページへ