TRYCUT5000改善候補項目と対応状況

バックナンバー(〜2014.03)
最新状況(2014.4〜)

 こちらのページでは、ご要望の多いものや、改善候補を整理し 掲載しています。この他に思い当たるものなどありましたら、support@trycut.comまで お願いします。こちらで開発済み又は対処済みになって いるものは、次期バージョン(不具合対応版、β版含む)に反映されます。 なお不具合の対応についてはこちらです。


  • 工具ダイアログで各工具ごとに工具長/ARBOR長の総和を表示
  • 秀丸,Maruo,K2Editor,Terapad設定時は、treditor.dllを無視
  • 外部ファイルのサブ・プロ呼び出し(M198)対応
  • 移動/回転後ワークの初期表示位置を中心位置に
  • 三井精機カスタムマクロ"P8110"の特殊対応→使用方法など詳細は support@trycut.com まで
    以上、Version2.07(2015/01/17版)にて対応

  • 使用中のライセンスキーを確認可能に
        「ライセンス状況と登録(L)」最上部のライセンスの種類表示部をクリック
  • CTL内での旋盤用タイプ設定"TYPE = LATHE"追加とX軸の直径指令に対応
  • CTL内でのワイヤーカット用タイプ設定"TYPE = WIRE-CUT"追加と傾斜角A指令の認識
  • CTLファイルで加工をON/OFFするコードの定義(CUT ON CODE/CUT OFF CODE)を可能に
  • 被切削材の不要部分(切れ端)の削除機能
  • 傾斜回転軸をもつ5軸機への対応(AXIS1 ANGLE/AXIS2 ANGLE)
       → MTLファイル内"AXIS1 ANGLE"or"AXIS2 ANGLE"で指定

         (具体例1:テーブルBC軸構成でマスターのB軸が傾斜,
         具体例2:混合型BC軸構成でヘッド側B軸45度傾斜
            DMU80,etc,,,)
  • 任意方向ベクトルの回転軸をもつ5軸機への対応
       → MTLファイル内"AXIS1 VECTOR"or"AXIS2 VECTOR"で指定
  • HEAD側でXY軸,YZ軸,ZX軸の2軸の動きに連動するモデルHEAD(XY),HEAD(YZ),HEAD(ZX),etcの取り込みを可能に
  • ワーク座標系での形状(STL)の読み込み/保存を可能に
  • ワーク座標系での形状定義(座標値指定)を可能に
  • 外部ワーク原点オフセット量(EXOFS)をCTLファイル内で設定可能に
  • 帳票出力で外部ワーク原点(EXOFS)からみた座標出力(定義文にEを付加)を可能に
  • 起動オプションにドライラン用/x20〜/x60オプションを追加
  • STL(ワーク)取り込み時にミラー(,MX,MY,MZ)やスケール(,S)を指定可能に
  • 移動の起動オプション[ /xm (x,y,z) ]追加
  • 回転の起動オプション[ /xrx , /xry , /xrz ]追加
  • 複合機(旋盤)用自動工具補正"AUTOMATIC TOOL OFFSETの設定をCTLに追加
  • 工具とテーブルやバイスとの干渉チェックを指定可能に(暫定仕様公開)
        工具先端とバイス間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-VICE CHECK
        工具先端とTABLE間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-TABLE CHECK
        工具先端とTABLE1間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-TABLE1 CHECK
        工具先端とTABLE2間 → 初期設定ファイル[Define]セクション TOOL-TABLE2 CHECK
  • くし刃型工作機械のシミュレーションを可能に(暫定仕様公開)くし刃台の設定
  • G127/G126(OSP)傾斜加工モード指令の対応
  • G68.5/G69.5(MAZAK)3次元座標変換の対応
  • G07.1(FANUC)円筒補間の対応
  • G119(OSP)側面創生加工の対応とCTL内での"Z-CE COORDINATE"による外面選択と内面選択の設定追加
  • G12.1/G13.1(FANUC),G137/G136(OSP)など極座標補間の対応
  • HEIDENAIN(ハイデンハイン)のNCデータ形式への対応
       (L/C/CC/M91/M128/M129/PLANE SPATIAL/CYCL DEF etc...)
  • Siemensの先端点制御TRAORI/TRAFOOFの対応
  • Siemensの傾斜面加工制御CYCLE800の対応
  • 先端点制御(G43.5)の傾斜角指定Qの対応(テスト中)
  • 相対指令アドレスの指定にIJKも追加(例:INC-I CHAR=U)
  • シミュレーションの一時停止中でも被切削材の保存を可能に
  • 先端点制御タイプ2(G43.5)での過剰な回転動作で警告ログ出力
  • G51の各軸スケール値指定(IJK)の対応
  • Undo機能のための各所バックアップ処理の高速化(ほぼ瞬時に)
  • 「Shift」+「7」キーにて真裏を見る操作追加
  • ステータスバー(下部)にて先端点制御以外の加工モードも把握可能に
  • 制御点座標値表示時のXYZに各種加工モードの把握を()内で可能に
          先端点制御(c)
          傾斜面加工(w)
          3次元座標変換(r)
          極座標補間(p)
          円筒補間/側面創成加工(c)
  • 制御点座標値表示部の切り替え時に表記も切り替え
         制御点座標値→機械座標(指令位置)→機械座標(工具先端)

  • 「差分塗り(F)」ダイアログの指定値を小数点第4桁まで表示
  • 左パネルのワーク座標の有効桁不足を改善(単精度実数→倍精度実数)
  • 存在しないNCデータを起動形式で与えた場合の起動時のループ防止
  • 拡大表示時や高精度ワークで計測が認識しにくい傾向がある
  • 「ウィンドウ境界の間隔」変更直後のレイアウト調整
  • Windows8.1/10のOS判定とWindows10上でのウィンドウ枠幅調整
  • Windows10上での動作確認
  • 実行モジュールのみ英語(多言語)対応
    → 要メッセージファイル(ご希望の場合 support@trycut.com までご連絡下さい。)
  • 日本語以外のロケーション設定されている環境でも動作可能に

    以上、Version2.09(2016/05/01版)にて対応


  • notepad設定時(初期状態)は、treditor.dllを無視
  • HEIDENHAINのNCコード内にブランクが無くても読めるように
  • 工具交換指令で自動的に移動する場所(工具交換位置)と移動ルートの定義を可能に
        →MTLファイル内の"TOOL CHANGE POSITION"と"TOOL CHANGE ROUTE"
  • 自動工具長補正の自動セットされる長補正値の位置(BOTTOM/BALL-CENTER/F-CENTER)の指定を可能に
        →CTLファイル内の"AUTO LENGTH POSITION"
  • HEIDENHAINの外部サブプロ(CALL PGM ***.H)CALLに対応
  • 必要突出し長の算出
  • 有効刃長チェック(必要長さ算出/干渉時中断/干渉時一時停止)の対応
  • チップチェック(必要幅/内径高さ算出/干渉時中断/干渉時一時停止)の対応
  • 工具の「待機中」表示と工具長表示部分が重ならないように
  • MAZAKモード直径値指令制御のG10.9 X1/X0対応
  • ネットライセンス認証中、待ち状態ダイアログを表示
  • 干渉ログ(interference.txt/interference2.txt)の仕様の調整と明確化→ヘルプ
  • OSPモード時の"CALL O..."によるサブプロ呼び出し
  • OKUMA/OSPフィクスチャオフセット(CALL OO88)の対応
  • OKUMA/OSP傾斜面座標変換指令G469P1Q313(≒FANUC G68.2)〜G468[1段のみ]の対応
  • TABLE(X),HEAD(X),HEAD(XY)など軸指定の稼働部の色指定を可能に
  • CTLファイル内の置換(REPLACE)定義で ' (シングルクォーテーション)による囲みも可能に(※置換文字列内に"が含まれる場合の対応)
  • PRODUCT=SIEMENS時、T=工具番号やT="工具名称"の指定を可能に
  • 主軸回転チェック(SPINDLE CHECK)の設定を初期設定ファイルで可能に
  • 操作マクロ言語の実現性検証/プロトタイプ作成(希望者に仕様公開中)
  • /x5起動オプションで"interference.txt"を開かない設定(/x5n)追加
  • 被切削材の不要部削除機能の高速化(10倍〜100倍)
  • 被切削材の不要部削除機能処理中の検索比率をプログレスバー表示
  • 差分表示ダイアログの初期値を設定可能
  • ハイデンハイン言語のサイクル(穴)加工の対応

    以上、Version2.16(2017/09/17版)にて対応


  • HEIDENHAIN時の工具径補正(RL/RR/R0)の認識と補正量(工具半径)自動セット
    以上、Version2.17(2017/09/30版) モジュールのみ更新にて対応

  • 干渉による一時停止時、干渉の種類をステータスバーに表示
  • HEAD類(STL)とワーク(DME)の干渉チェック
  • TOOLとVICE/TABLE類(STL)の干渉チェックの精度向上
  • ARBORとVICE/TABLE類(STL)の干渉チェック
  • HEAD類(STL)とVICE/TABLE類(STL)の干渉チェック
  • バイス形状も計測可能に(「Shift」キーを押しながらクリック)
  • 外部サブプロのファイル名称表示欄でファイル名の全文字列を表示
  • M98 <...>とM198 <...>形式の外部サブプロを参照可能に
    以上、Version2.18(2017/10/24版) モジュールのみ更新にて対応

  • 対BASIC MODEL(機械本体)との各種干渉チェック
  • 対TABLE1(マスターテーブル)の各種干渉チェック高速化
    以上、Version2.19(2017/11/15版) モジュールのみ更新にて対応

  • 被切削材定義方法でワーク座標原点からの幅や高さで定義
  • ワーク座標系/傾斜面加工時座標系の軸表示
  • 外部ワーク原点オフセット(EXOFS)位置の軸表示
    以上、Version2.20(2017/11/26版) モジュールのみ更新にて対応

  • 「構造物干渉チェックの設定(W)」をポップアップメニューに追加

    以上、Version2.21(2017/12/02版) モジュールのみ更新にて対応

  • G43.4時の座標系モード(WKP(No.19696#5),INZ(No.19754#5相当)の設定を新設(対処中)
  • 1軸動作HEAD,2軸動作HEADなど未対応部分の干渉チェック(検討中)
  • ワーク(DME)を指定位置を基準に読み込み
  • 認証サーバー(台数オーバー)トラフィックの軽減化(弊社内改善/検証中)
  • 差分表示用基準形状でDMEファイルも指定可能に(条件付きの対応検討中)
  • ライセンス認証処理(起動)で異常に時間がかかる(主に昼間)(4/12認証サーバー側で対処済)
  • 英語化サクラエディタ(英語化DLL切替方法)との連動(従来DLLでOK)(確認済)
  • テキストエディタWZ EDITOR 9との連動(7/8用DLLでOK)(確認済)
  • テキストエディタMIFES10との連動(旧Ver9.0用DLLでOK)(確認済)
  • シミュレーション時間の表示
  • CTLファイルのREPLACE文の置換後の定義で改行(\n)対応(検討中)
  • TTLファイルのフォーマットチェック機能
  • 認証サーバーのIPv6対応(調査/検討中)
  • FANUC渦巻補間・円錐補間(G02/G03L...Q...)の対応
  • オフセット処理のマルチコアを利用した高速化
  • 径補正中に経路の進行のズレの無いモード追加
  • 被切削材定義機能の各種数値を初期設定ファイルに保存
  • S値/F値を左パネルで確認可能に
  • 径補正時の補正値より小さな段差部分の処理モード追加
  • iPadなど他の情報機器端末との連携/稼動などの検証(環境準備など要検討)
  • 工具ごとに帳票出力を可能に
  • 動画作成機能(暫定仕様)の各種仕様の追加(仕様検討中)
         ・動画に上部NCデータ表示部を含める
         ・動画サイズを指定できるようにする
         ・工具交換がイメージできるようにする
  • MDI機能の実装(仕様検討中)
  • HEIDENHEIN(ハイデンハイン)社製制御装置への対応(基本部対処済/未対応部順次対応中)
  • バイト工具や任意形状工具の対応(仕様検討中)
  • 各種旋盤系制御コードの対応
  • TTLのARBOR指定で各径の大小の制約を無くす(例:D2>D3を可能に)
  • 機械の形状の簡易定義(直方体、回転体の組み合わせ)
  • シミュレーション中に実行するとNGになるメニューを無効に
  • オフセット中の進行状況を一定に
  • 2段テーパー工具の定義を可能に
  • 素材側が動かない表示モード
  • シミュレーションの結果に関わる全ての状態の保存/復帰する仕組み
  • 作業中の状態(表示状態など)を終了後再起動時に完全復帰する機能
  • 起動時の各種設定ファイルが見つからない場合のエラー回避処理
  • 描画ポリゴンの間引き
  • 3次元工具径補正(G41.2/G42.2)の対応
  • 指定行ブロックからの開始機能
  • 干渉箇所からの指定ブロック数巻き戻し
  • 計測機能の拡張(ボールやブルノーズによる計測)
  • 複数ワークの対応
  • 工具先端禁止領域の設定
  • X軸が2つ存在(U軸)するマシンへの対応
  • カスタムマクロの対応(重要なものは個別に対応しているケースがあります。詳しくは support@trycut.com まで)
  • ワークをSTLで保存時、ポリゴン数を減らせないか(技術的限界を検証中)
  • ノードライセンスでマシン変更時の解除処理をインターネット経由以外でも可能に
  • 処理アルゴリズム改善によるソフトウェア的なレスポンス向上(基本機能の開発が一段落した時点で)
  • 3Dマウスの対応


    トップページへ